トップページ | 隣接ビル壁にへこみ ジャッキ使用か 銀座3億円時計盗(産経新聞) »

2010年1月 7日 (木)

<新春展>開幕 「現代の書」最高峰(毎日新聞)

 「2010現代の書 新春展−今いきづく墨の華」(主催・毎日新聞社、財団法人毎日書道会)が4日、東京・銀座の東京セントラル美術館で開幕、5日からは銀座の和光ホールでも開かれる。10日まで。毎日書道会に集う書家の中から選抜された「現代の書」の最高峰の作品が出品されているお正月恒例の催しだ。今年で9回目。入場無料。

 和光ホール会場は、毎日書道会の最高顧問、常任顧問、顧問、理事など幹部書家による31人展。稲村雲洞、小林抱牛、中野北溟、小山やす子、關正人氏らの練達、深い味わいの書が並ぶ。東京セントラル会場は毎日展の60歳以上の審査会員以上から選抜された100人展。林蕉園、薄田東仙、赤平泰処氏らの力のこもった書と出合うことができる。【桐山正寿】

null
ブレイクナイン
クレジットカードのショッピング枠を現金化
クレジットカード現金化
クレジットカードのショッピング枠を現金化 

トップページ | 隣接ビル壁にへこみ ジャッキ使用か 銀座3億円時計盗(産経新聞) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1315591/32891463

この記事へのトラックバック一覧です: <新春展>開幕 「現代の書」最高峰(毎日新聞):

トップページ | 隣接ビル壁にへこみ ジャッキ使用か 銀座3億円時計盗(産経新聞) »